オカリナと三味線(or ギター)の異色ユニット「平安桜」が、ラオスの首都ヴィエンチャンに登場。バンコクの街を堂々と着物で闊歩する二人は、ラオスでも、もちろん着物です。
平安桜@ラオス・ヴィエンチャン001

この日のヴィエンチャンの気温は低く、平安桜のお二人は「今日は、着物を着てても、そんなに熱くないね。」などと言ってましたが、そんなことより、ヴィエンチャンと着物は全く似合いませんね。

平安桜@ラオス・ヴィエンチャン003

タイでは「みんなの視線が集まるのが分かる」そうなのですが、ラオスの皆さんはシャイな性格の方が多いのか、ちらっと横目で見る程度で、着物で闊歩する二人へのリアクションは少なかった。

平安桜@ラオス・ヴィエンチャン002

ラオスの国旗と、社会主義の旗、ここは間違いなくラオスだ。

そして、ヴィエンチャン有数の観光スポット、凱旋門に到着。頑張って写真を撮ったけど、どうみてもCGにしか見えませんね。

平安桜@ラオス・ヴィエンチャン004

ラオスでは、路上でのライブはご法度だと、前日に聞かされていたので、おそるおそる凱旋門の前での撮影。近づくと仲間だと思われるので遠くから・・・・(笑)

平安桜@ラオス・ヴィエンチャン005

この後、凱旋門の下で、数分間の路上ライブを決行し、ラオスの人々と記念写真を撮ったり、いったい何者なんだと問い詰められたりした後、二人はトゥクトゥクに乗り込み、その場を後にした。

平安桜@ラオス・ヴィエンチャン006

さて、トゥクトゥクに颯爽と乗り込んだ二人が向かった先とは!?

つづく。