キャプローグの読者ガッタガタさんから22時半ごろのシーロム地区の写真を送っていただきました。

爆発により負傷した人々が搬送されたクリスチャン病院ならびに、爆発にも関わらず営業が続けられるシーロムの繁華街パッポンの写真です。
まずは、シーロム通りの様子。
シーロム・パッポン@4月22日001

シーロム・パッポン@4月22日003



爆発による負傷者の一部が搬送されたクリスチャン病院。
シーロム・パッポン@4月22日001


被害者の名前が書き並べられる。
シーロム・パッポン@4月22日002


報道陣から取材を受ける爆弾の被害者
シーロム・パッポン@4月22日004

シーロム・パッポン@4月22日003


一方、パッポン。屋台は全て店じまいしてますが・・・・
シーロム・パッポン@4月22日005


ゴーゴーバーの大半は営業中。
シーロム・パッポン@4月22日006


ガッタガタさんによると、「パッポンは、タイバー、サファリ、キングキャッスルグループなんかも全部開いてます」とのことです。