ブログネタ
アジア に参加中!
ラチャプラソン地区商業協会(RSTA)は、同協会が試算した赤シャツ軍団のデモ集会による損害額が約112億バーツに上ることを発表しました。タイの英字紙ネーションが伝えています。
RSTAのチャイ会長によると、赤シャツ軍団のデモ集会による被害額は112億7500万バーツと試算され、ラチャプラソン地区の2088の企業体が被害を受けました。さらに、同地区の4月・5月の経済的な機会損失は104億8800万バーツに及ぶと試算しています。

さらに、同地区で働いていた労働者3万661人に影響を及ぼしました。

RSTAでは、4月19日の暴動による建物等への被害状況について精査し、さらに詳細な被害状況をまとめるとしています。

エラワン・バンコク・ショッピングセンターは24日に、また、サイアムパラゴンは25日に営業を再開しました。また、アマリンプラザは本日26日から、ゲイソンは6月4日から営業を再開する予定です。

ホテルでは、ドゥシタニ・バンコクが25日から営業を再開し、グランドハイアットや、インターコンチネンタル、フォーシーズンズ、ルネッサンス・ラチャプラソンなどは26日から営業を再開する予定です。