ブログネタ
タイのニュース(政治・社会) に参加中!
タイ精神衛生局の調査によると、政治的混乱による精神的な影響が、タイ東北部(イサーン地方)を中心に、未だなお、人々の心に強く残っていることが分かりました。
公共保健省のジュリン大臣は28日、4月から5月にかけてバンコクのラチャプラソン交差点で行われた赤シャツ軍団によるデモ集会に参加した人々の大半が、イサーン地方の人々であると改めて話しました。

政治的混乱によって不安を感じる人々は、国全体では、混乱が収束した第一週目が28.7%出会ったのに対し、先週は10.4%まで下落しました。

先週末時点で、最も精神的な不安を感じる人々が多かったのは、イサーン地方の23.3%で、以下、バンコク都を含むタイ中央部で21.3%、南部で15%、北部で11%と続きました。

同省では、タイ全土4850共同体で約6100名の人々が精神的な治療が必要な状態であることを確認しています。また、このうち2430名がバンコク都内在住者でした。


■政治的不安で精神的な影響を受けている人々の割合の推移(地域別)
5/12-18、5/26-6/1、6/9-15、6/16-22

バンコク都
32.1%  22.4%  21.3%  21.3%

タイ中央部
41.9%  41.2%  31.4%  21.3%

タイ北部
23%  17.6%  10%  11%

タイ東北部
32.1%  20.3%  21.67%  23.3%

タイ南部
11%  20.3%  17%  15%