早朝3時にパタヤを出発し、不慣れな夜間走行で2時間遅れとなり、チャチュンサオ県では、ちょっとしたロッククライミングを楽しみ、続くサケーオ県では359号線をひた走り、33号線に合流し、国境の町アランヤプラテートの近くまでやってきました。

標識には、アランヤプラテート、そして、ボーダー(国境)の文字が。
イサーン・ツーリング[70]
そう、タイは現在、カンボジアとの国境紛争で、両軍兵士による衝突がつづいています。
もちろん、私はカンボジアではなく、イサーンを目指して左折。ここから北上。
イサーン・ツーリング[68]


本来、ブリラム県への道では、348号線が主要ルートですが、少し短縮する形で、3198号線を進みます。
イサーン・ツーリング[72]
決して、広い道ではありませんが、大型トラックなどが少ないため、走りやすい道路でした。

続いて、3198号線から、3393号線へ。
イサーン・ツーリング[75]


とにかく、のどかな道でした・・・・。
イサーン・ツーリング[76]


ブリラムまで、あと165キロ・・・道のりは長い。
イサーン・ツーリング[79]


何となく、日本の田舎ような景色に、気持ちが和む。
イサーン・ツーリング[81]


さらに、3393号線から3486号線に。
イサーン・ツーリング[85]


どうして、細い道をグニャグニャと進んできたのかというと・・・・目的地は、これ。
イサーン・ツーリング[89]
ワット・プラサート・カオローン。

プラサートといえば、クメール王国が残した神殿です。
地図を眺めていて、何となく気になったので、この機会に訪れてみました。

ってことで、次回、ワット・プラサート・カオローンをご紹介します。

つづく。
【タイ・バイク旅 012】パタヤ~南イサーン弾丸ツーリング 2日間1133キロ(6)


<参考:今回のルート>