タイのアピシット首相は27日、国境紛争が続くカンボジアとの和解協議が、タイ側代表(プラウィット陸軍司令官)の欠席によって開催されなかったとの批判を受け、否定のコメントを発表しました。
国境紛争が継続しているスリン県およびブリラム県への視察訪問を前に、記者団の質問に答えたアピシット首相は、プラウィット陸軍司令官が中国に向かう飛行機のなかであったため、和解協議に出席できなかったと説明し、意図的な協議の欠席ではないことを強調しています。

一方、タイ政府では、カンボジアとの国境紛争の仲裁役として、和解協議の場に中国を引っ張り出したいとの考えが伝えられており、協議実現に向けて水面下で激しい外交交渉が続いている模様です。