ラック・ムアンタイ党のチューウィット党首は5日、今後の政策協力について話し合うため、民主党のアピシット党首と会談を予定しています。アピシット党首は4日、選挙戦での敗北を受け、党首辞任を発表しています。

チューウィット党首によると、辞任を表明したアピシット党首に対する精神的な支援の意味を込め、花束を持参して訪問するとのことです。また、今後は、同じ野党として国会で活動することから、初めての国会となるラック・ムアンタイ党に対してのアドバイスを求める考えです。

会談は、本日5日の午前に予定されています。

タクシン元首相派のプアタイ党が、連立候補との話し合いを続けるなか、チューウィット党を首は「当初から、野党として国会に挑む考えだった」と話し、自身が率いる党の立ち位置を明確にしています。