タイのアピシット首相は19日、国際司法裁判所によるタイ-カンボジア国境紛争地域からの両軍の退去命令を受け、関係機関・当局との意見交換を行い、対応を検討します。

国際司法裁判所からの命令に対して、アピシット首相は、隣国同士の更なる混乱を生じさせないための措置であると一定の理解を示した上で、命令の詳細について分析を行い、今後の対応を検討するために関係機関とのミーティングを行うと話しました。

このミーティングには、防衛大臣、軍総司令官、外務省事務次官、条約・法定問題局局長、国家安全保障委会議議長、内閣事務総長、行政裁判所所長などのメンバーが招集されます。