本日19日午後3時過ぎにバンコクを出発し、国道一号線の状況を確認してきました。ドンムアン空港までの道路は、洪水や水溜りなどもなく、普段通りの風景でした。
DSCF9683
日本での報道を見ると、何だかバンコクでも大洪水に見舞われていると勘違いする人が多いようですが、今のところ、バンコクでは大規模な洪水被害は出ていません。激しい雨が降れば、道路に水が溜まったりしていますが、これは「50年に一度」ではなく、「年に数度」のことです。
DSCF9685

交差点を越える高架を降りると、道路は冠水していた。大量のゴミが流れ着き、通行人やバイクは立ち往生。中央の一車線のみが何とか通れる程度の水の深さであるため、実質一車線になった道路を、大型車両に挟まれながら、北へと向かった。

DSCF9688

DSCF9693

DSCF9690

DSCF9694

パトゥムタニ県の中部域では、さらに道路状況が悪化した。既に道路が冠水してから数日が経過しているため、小さな道の脇には高さ1.5メートルほどの木製の歩道が設置され、住民らは思い思いの素材で作った即席の移動手段を使用するなど、工夫しながら日常生活を送っていた。
DSCF9698

DSCF9705

DSCF9704
ちなみに、上の写真のセブンイレブンは、絶賛営業中でした。


DSCF9697

DSCF9701

DSCF9702


大洪水の中、多くの警察官の方が、水に浸かりながらも懸命に交通整理をされてました。お疲れ様です!
DSCF9699

パトゥムタニ県北部域およびアユタヤ県県境の様子は、このあと続きを書きますので、そちらもご覧ください。


洪水レポート>1.おまけ