ミャンマーの情報をお伝えします。キャップ(@capbkk)です。

ミャンマーに日本企業の駐在事務所開設のニュースが毎月のように出ています。実際にミャンマーに駐在することになったら、どんなところに住むんだろうと、ヤンゴン市内の主要な外国人向けサービスアパートをチェックしてきました。(2004年版のミャンマー不動産レポートと比較すると、ミャンマーの不動産の高騰ぶりが確認できます。)

1.ゴールデンヒルタワー
日本のファスナー製造大手YKKが運営するゴールデンヒルタワーは、その名の通り、小高い丘の上に建つ2棟のサービスアパートです。総部屋数216室のうち、約25%を日本人が占めています。
DSCF2613
さて、気になる家賃ですが、1ベッドルーム(70平米)タイプで月額3800ドル、2ベッドルーム(112平米)で月額4500ドル、3ベッドルーム(148平米)だと5000ドルという超高級物件です。こんな高い物件に誰が住むんだろうか?といった感じの値段ですが、2012年8月現在、空き物件はなく満室状態で、空き待ちの予約が80件も入っているとのこと。
2.マリーナレジデンス
現地の日本人会の事務局も入居しているマリーナレジデンスは、もともと日系資本で建設されたサービスアパートですが、現在はミャンマー人実業家が購入し、管理・運営を行っています。立地は、日本人駐在員が数多く住むインヤー湖エリアです。日本人の入居率は、約50%。
DSCF2605
家賃は、1ベッドルームタイプで月額3500ドル。こちらの物件も、現在は満室状態で、即入居は不可です。


3.ミカサホテル

マリーナレジデンスと同じくインヤー湖の湖畔に建つミカサホテルは、日本人率80%と、日本人に人気の物件です。
DSCF2602
家賃は、1ベットルームタイプで月額3000ドル、2ベッドルームタイプで4500ドル。こちらは僅かに空室があるものの、年内には長期契約者で埋まるとのこと。


ヤンゴンでは、大手デベロッパーによる外国人向けのサービスアパート建設計画が、いくつか進行中とのことですが、現在のミャンマー進出ブームに対応するだけの不動産供給は実質的に不可能な状態で、家賃の高騰が続くと見られています。