ミャンマーの格安航空に関するニュースをお伝えします。キャップ(@capbkk)です。
Golden_Myanmar_AirLine

ミャンマー発の格安航空(LCC)として注目を集めているゴールデンミャンマーエアラインズが、1月中にもヤンゴン-マンダレー便の運航を開始します。

同社の発表によると、ヤンゴンーマンダレー便は毎日1便の運航で、オープニングプロモーションとして2万7000チャット(全込み/約2700円)でサービスを開始します。

また、同社では国際線の運航も計画しており、ミャンマーとシンガポール間、ミャンマーとバンコク間の路線について、具体的な準備を進めているとのことです。

ゴールデンミャンマーエアラインズとは

ミャンマーの銀行大手コーポラティブ銀行(CB)やKMAグループなどの企業グループが設立した航空会社で、マンダレー国際空港を拠点として2013年1月に運航を開始する予定の航空会社です。

CBのウーチーマウン総裁は昨年9月、「ミャンマーには未だ、民間の航空会社がない。だから作った。」と設立理由を話しています。
Golden_Myanmar_Airlines_Yangon_Mandalay
ゴールデンミャンマーエアラインズ初の運航となるヤンゴン-マンダレー便就航の広告

使用機材は、エアバスA320

ゴールデンミャンマーエアラインズでは、サービス開始にあたり、タイガーエアウェイズ(シンガポール)から、エアバスA320をリースしています。

参考 :Golden Myanmar Airlines Official Facebook
参考 :Golden Myanmar Airlines Official Website