やっぱり肉でしょ、肉! バンコクのB級グルメシリーズです。

タイという国は、肉と言えば”豚肉”がメインなんですが、バンコクのクロントゥーイ港の近くに、牛もつ鍋の専門店があります。
牛もつ鍋@バンコク

この牛もつ鍋、具材の90%ぐらいは”牛もつ”で、あとは肉だんご(ルークチン)と空芯菜のみという至ってシンプルな鍋なんですけど、これが美味い!

牛のあらゆる臓物が入っているので、ちょっと苦手な味のやつもあるけど・・・・。

鍋の底まで、牛もつがたっぷり

ここの鍋には、下手な小細工はありません。とにかく、たっぷりの牛もつが、鍋の底まで入ってます。
DSCF5509

鍋は、タイではモーファイと呼ばれるもので、トムヤムクンなどのスープ類を出す時にも使われるものです。
DSCF5507
鍋の内側には、木炭が入っていて、冷めることはありません。ゆっくり、牛もつを楽しみましょう。

食べ方は自由ですが、オススメは、唐辛子に魚醤(ナンプラー)を混ぜて作るタレ。
DSCF5504
小ライス(1杯5バーツ)と一緒に食べると、さらに満足度アップです。

お店情報

店名 : ヘンチュンセーン
席数 : 80席くらい (エアコンルームあり)
営業時間 : 月曜から金曜 午前7時~午後21時、 土日 午前7時から午後16時

備考 : エアコンルームは、ひとり当たり5バーツの追加料金がかかります。
DSCF5512

アクセス方法

ヘンチュンセーンは、ラマ4世通りと並行しているスントンコサ通り(ラマ4世より港側)のソイ7入り口近くです。
DSCF5515

店は、大通り沿いにあり、店外にも多くのテーブルが出ています。
DSCF5517

向かい側には、タイのプロサッカーリーグに所属するポートFCの本拠地であるPATスタジアムがあります。
DSCF5516

これまでのバンコクのB級グルメシリーズも、ご覧下さい。