パッタニー駅に到着、駅前に出て、まずはソンテウ(乗り合いトラック)の運転手さんと交渉。
image
実は14時の列車に乗って、さらに南下する計画なので、持ち時間は3時間くらい。

本当は、午前8時過ぎにパッタニー駅に到着して、半日を観光に当てるはずだったのに、タイ国鉄様のおかげで、慌ただしい日程になっております。
交渉の結果、5時間のチャーターで600バーツという値段で、交渉成立!とりあえずパッタニー市内観光へ。
image
なんか作り物のような青空。

自然のなかを20分ほど走ると、ソンテウはパッタニー市内に。
image


テロのニュース以外で、パッタニー県の情報を何も知らないので、とんでもない場所かと思ってたら意外と都会。
image


川には、小型の漁船がいっぱい停泊していました。
image


南部のタイ人は愛想がないので、「この運転手さん、大丈夫かな?」と思いましたが、短い時間でパッタニーの見所を効率よく廻ってくれて、なかなか良かったです。

次から、パッタニーの観光名所を続けてご紹介します。

つづく。

<<前回
タイ国鉄は3時間くらいの遅延は日常茶飯事

次回>>
パッタニーの中国廟「ジャオメーリムコーニアオ(霊慈聖宮)」