スンガイコロク駅からバイクタクシーで20分ほど、タイとマレーシアの国境に到着しました。
image
これまでタイと近隣国との陸路国境をあちこち見てきましたが、ここは今までで最も立派な建物ですね。

やはり国境を通過する人の数が、他の国境と比べて、圧倒的に多いのだと思います。
まず、タイからの出国手続きです。
image
ここで日本の方と出会いました。まさか、こんなところで日本人と遭遇するとは、かなり驚きました。

タイの出入国管理局から、マレーシアの出入国管理局まで、結構長い距離を歩かされます。
image
このゲートが中間地点で、タイ側から大体100メートル位です。

そして、こちらがマレーシアの出入国管理局の建物。
image
タイに負けず劣らず立派な建物です。

マレーシアの入国には、アライバルカードが不要でした。
image
建物は立派なのに、係員が一人しか居ないので、マレーシア側の入国手続きには、ちょっと時間がかかりました。

今回の旅の楽しみのひとつが、この先に待っている通称「ジャングルトレイン」と呼ばれるマレー鉄道東海岸線です。

てことで、このあと、マレー鉄道の駅に直行するわけですが、ここで問題が発生します…

つづく。

<<前回
マレーシア国境「タイ国鉄スンガイコロク駅」

次回>>
マレー鉄道「パシルマス駅」 シンガポールに向けて…!