ブログネタ
コーヒー・紅茶・中国茶 に参加中!
アメリカのアリゾナ社の紅茶飲料、とりあえず手持ちでは最後のボトルです。

アリゾナ社の『Black Tea with GINSENG and HONEY』です。
06

”GINSENG”って何かと思ってググってみたら、ウコギ科の多年草”オタネニンジン”だそうで、さらに良く読んでみると、いわゆる”朝鮮人参”のことでした。

前にも書きましたが、欧米で”Black Tea”というのは紅茶のことです。つまり、朝鮮人参とハチミツをブレンドした紅茶のことらしいです。

41
水色は、薄らとした茶色です。

アリゾナのお茶飲料って、水色はまともなんですけど、味が甘すぎたりして「思ってたのと違うー!」ってなるんですよね。

さて、実際に飲んでみると、何というかメリハリのないボヤけた味。

今まで「甘すぎる」とか「味が単調」とか、好きなことを書いてたんですが、この『Black Tea with GINSENG and HONEY』って、どのように評価すれば良いのか分からないです・・・。

身近なもので、この味を再現しようとすると、コーラを煮て炭酸を飛ばして水で5倍に薄めたら、こんな感じの味になるんじゃないかなー。

13

これは・・・・、過去のアリゾナ史上、最も美味くないなぁ。


以上、『Black Tea with GINSENG and HONEY』でした。