ブログネタ
お茶全般 に参加中!
タイ南部のリゾート地、プーケットのウィークエンドマーケットで発見したお茶です。

花をハーブとして活用されることが多い”チョウマメ”の葉で作られた『Oolong Blue Pea Tea』です。
06

商品名には「ウーロン(Oolong)」と入ってますが、あくまでチョウマメの葉だけを使った純粋なハーブティーです。

チョウマメというのは、タイ語では”アンチャン”と呼ばれるマメ科の植物で、綺麗な青色の花を付けます。この青い花は、青の着色料として使用されたり、青いドリンクとして活用されたりしますが、葉っぱを使ったお茶というのは初めてですね。

まぁ、茶葉を見る限りは、ただの枯葉ですが大丈夫でしょうか・・・。
 
07

アンチャン(和名:チョウマメ)は、やはり青色の印象が強いですが、葉っぱで作られたお茶は、黄色みがかった水色をしています。

香りは、顔をしかめる程度には、苦々しい匂いです。

味は、ややクセがありますが、マメ科の植物ということもあり、マメのような風味があります。

あまり濃く出すと苦味が増すので、2分弱程度の抽出で飲むのが良さそうです。

32

抽出後の茶葉は、もう完全に雨後の枯葉です(笑)

噛んでみましたが、固くて噛み切れませんでした。

商品名に”ウーロン”と入っているのは、おそらく半発酵に留めているからだと思います。
41

ご興味ある方は、お分けしますので、ご連絡ください。


以上、Siam Herb社から『Oolong Blue Pea Tea』でした。