ブログネタ
アジア に参加中!
スリランカは、”セイロンティー”の名で知られる紅茶を中心とした茶葉を生産する国で、茶の生産量では、中国とインドという世界のトップランナーに次ぐ第2グループに入る世界有数の茶葉の生産国です。

いわゆるセイロンの6大産地は「ウバ」「キャンディ」「ディンブラ」「ルフナ」「ヌワラエリヤ」「ウダプッセラワ」と言われ、年を追うごとに生産量を伸ばしています。

sri_lanka_tea_production_statistics
年度ごとの数値は、以下のとおりです。(単位:トン)
1961年  206,488
1962年  211,850
1963年  219,798
1964年  218,513
1965年  228,236
1966年  222,312
1967年  220,742
1968年  224,803
1969年  219,639
1970年  212,210
1971年  217,773
1972年  208,858 「セイロン」→「スリランカ共和国」に改称
1973年  211,285
1974年  204,037
1975年  213,928
1976年  196,606 タミール統一解放戦線(TULF)、結成
1977年  208,572
1978年  198,780 「スリランカ民主社会主義共和国」に改称
1979年  208,417
1980年  191,375
1981年  210,148
1982年  187,816
1983年  179,287
1984年  208,058 スリジャヤワルダナプラコッテ、遷都
1985年  214,094
1986年  211,276
1987年  213,327
1988年  226,952
1989年  206,987
1990年  233,165
1991年  240,747
1992年  178,870
1993年  231,871
1994年  242,214
1995年  245,961
1996年  258,427
1997年  276,861
1998年  280,056
1999年  283,760
2000年  305,840
2001年  295,090
2002年  310,000
2003年  303,230
2004年  308,090 スマトラ島冲地震による津波で、35,322人死亡
2005年  317,200
2006年  310,800
2007年  305,220
2008年  318,700
2009年  290,000
2010年  331,400
2011年  327,500
2012年  330,000

情報元:Food and Agriculture Organization of the United Nations