キャプローグ

無邪気(な)

カテゴリ:お茶大全 > お茶の話題

    このエントリーをはてなブックマークに追加
茶道裏千家淡交会バンコク協会による茶会『シリントーン王女殿下還暦祝賀チャリティ茶会』が来月10月17日土曜日、バンコクのナイラートパークホテルにて、開催されます。

詳細は、以下の通りです。
11227942_787732844669695_8741081473215463021_n

日時: 2015年10月17日土曜日 9時半から15時まで
 ※各所要時間は1時間程度

場所: ナイラートパークホテル1階 ガーデンウィング

茶券: 一般 1000バーツ 学生 500バーツ ※学生は正午から15時まで

英語版のパンフレットは、以下です。  "【バンコク・茶道裏千家】シリントーン王女殿下還暦祝賀チャリティ茶会"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
いいデザイン!! に参加中!
お茶用語辞典と、海外のお茶レシピ紹介が好調なんで忘れてましたが・・・、お茶に関する新商品やデザインを紹介する茶MONOのコーナーです。

今回は、ロシアの学生たちが考えた紅茶の新パッケージ『アムレット(お守り)』です。 
AMULET-TEAMAIN

珍しいパッケージや新発想などを紹介している『パッケージ・インスピレーション』からの情報です。

この丸みを帯びた歪んだ卵型の物体は、紅茶を入れるパッケージで、神秘的なものや魔法などが好きな人々が関心を持つようなデザインとして、ロシアの学生たちが考えたものです。

このアイデアを考えたのは、Katja Belkinaさん、Dima Jeさん、Oxana Tarasovaさん、Sergey Voronovさんの4名の学生です。
  "【茶MONO】 ロシアの学生が考えた神秘的な紅茶パッケージデザイン『アムレット』"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
癒し・ヒーリング に参加中!
マレーシア最大手のティーメーカー”BOH”社のカモミールティーのティーバッグが面白いです。

現物が手に入らないんですが、とりあえず、ご紹介。
BOH_Tea_Bags_4

マレーシアの避暑地キャメロンハイランドに拠点を置くBOH社が販売しているカモミールティーのティーバッグは、袋に様々な自然に関するアイテムが印刷されています。

このプリントされたアイテム自体そのものから、お茶がジワーっと抽出されている様子を眺めているだけでも楽しいのですが、実は、それぞれの絵柄が変化して、「カミナリ雲は、普通の雲に」、「火山は、穏やかな山に」、「燃えさかる炎は、水に」と、落ち着いた状態の絵柄になります。

例えば、大きな鷲(ワシ)のような鳥がプリントされたティーバッグは、こうなります。  "【茶MONO】 ティーバッグの絵柄が変化するBOH社のカモミールティー"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
便利キッチンツール に参加中!
お茶を淹れる最も手軽なツールであるティーバッグを、さらに便利にする発明ですよ!

本日は、タイマー付きで、セットした時間になると自動でティーバッグが引き上げられてしまうティーボトルをご紹介します。
TEA_thermos_3

”TEA”と書かれたツマミ、その周りには”1:00”、”2:00”、”3:00”、”4:00”と続くメモリ、そして、グリーンの透明なボトル本体の内側に垂れ下がっている細いチェーン、お茶を入れるボトルにしては、何やら大げさな感じですね。

タイマーが付いている上蓋を開けて、中身を見てみましょう! "【茶MONO】 ティーバッグを自動化する!タイマー付きティーボトル"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
日本の美意識 に参加中!
日本の緑茶が世界的な注目を集めるなか、外国人の茶道への関心も高まっています。

そんな茶道の世界観を凝縮した”茶室”を、透明な素材で作り上げた作品『Glass Tea House』をご紹介します。
Glass_Tea_House_Tokujin_Yoshioka

この作品は、世界的に高い評価を受ける日本人デザイナーの吉岡徳仁さんが2011年に発表したもので、日本の茶道における世界観などと共に、外国メディアなどでも数多く取り上げられています。

千利休が完成させた茶道の世界では、茶室へと向かう小道や、その小道を飾る季節の花や木々、そして、閉ざされた茶室のなかでは、主人が茶や茶器、菓子や花だけでなく、光さえもコントロールして客人を持て成すものですが、この透明の茶室を用いた場合には、どのような持て成しが行われるのでしょうか。

"【茶MONO】 海外で絶賛された完全シースルーの茶室『Glass Tea House』"の続きを読む

    このページのトップヘ