昨日は、タイ緑茶ブームの仕掛け人であるタン社長の話で、「タイの緑茶は甘い」という”タイ旅行あるある”に触れましたが、本日はインドにおける緑茶の話題です。

インドは、アッサム、ダージリン、ニルギリなどの世界に名の知れたお茶の産地を有し、東インド会社から始まるヨーロッパ向けの紅茶生産が主力で、 中国に次いで第2位の茶葉生産量を誇るお茶大国です。

ただし、庶民の間では”チャイ”と呼ばれるミルクとスパイスを混ぜたお茶が好んで飲まれており、日本とは随分とかけ離れた喫茶文化が育まれています。

そんなインドでも、「緑茶が体に良いらしい」という情報が届いているようで、インドのニューデリーテレビ社のグルメ記事にて、インドで市販されている緑茶の飲み比べをしていて、これがなかなか興味深いです。
green tea_600

まず、緑茶そのものの味を楽しむシンプルな緑茶については、10点満点で3点、4点、3点という厳しい評価。

ブランドごとの違いがあるようですが、「刺激が強すぎる」「後味に酸味が残る」「香りが足りない」など、緑茶そのものの味には、あまり魅力を感じないようです。

レモン味の緑茶だとイケるかも!?

lemon_taste_green_tea

日本ではあまり馴染みがありませんが、インドでは緑茶に香りをつけたフレーバータイプのものも数多く販売されているようで、なかにはインド人が高評価をつけるものもあります。

良い意見としては、「爽快感が感じられる」「レモンなどのブレンドが丁度いい」「心地よい芳香が・・・」などがありますが、これって緑茶というよりレモンフレーバー主体の評価ですね(笑)


この記事では、レモン味のほか、ミントやジャスミンのフレーバー緑茶の評価もしていて、やはり高評価を受ける商品が目立っています。

ネタ元 : Green tea taste test - Finding the best Indian brews (NDTV)

緑茶と言えば、産地から届いたままの茶葉を飲むのが”日本の常識”ですが、タイの緑茶は甘いし、インド人はレモン味が好きだし、緑茶にも色々な楽しみ方があるんですね。