お茶の記事を連投してますが、たまにはアルコールも。

先日、バンコクの某ウッドボールにて、白いラベルのジャックダニエルが棚に並んでるのを見かけたので、とりあえずロックで一杯飲んでみました。

Jack Daniels Tennessee HONEY』(ジャックダニエル・テネシーハニー)です。
00

店主のとっぴー氏によると、日本ではハチミツ入りのアルコール飲料の特別コーナーが設けられるほど、様々なメーカーから”ハニー味”飲料が発売されているそうです。

ジャックダニエルの公式ウェブサイトを見ると、意外と商品バリュエーションは豊富で、お馴染みの黒いラベルのジャックダニエルだけを作ってる訳じゃないんだーって感じですが、わざわざハニーフレーバーのウィスキーを発売するなんて、驚きでした。

22

バーの店内照明で、青い液体としか見えませんが、色味は普通のウィスキーですね。

ただ、グラスを口に近づけると、かなりキツめの”ハチミツ臭”がします。

口に入れてスグの印象は、パンチの効いたアルコールという感じですが、余韻が完全にハニーです。

ちょっと、ハニーが前に出過ぎている気も・・・・。


アサヒビールのプレスリリースによると、ストレートやロック、ハイボールの他、「ボトルを冷凍庫で冷やしてショットグラスに注いで飲む“チルドショット”や、クラッシュアイスを満たしたグラスに注いで飲む“ミスト”といった飲み方」も良いようで、キンキンに冷やすと、ハチミツの刺激的な甘さが隠れて、もっと美味しい飲み物なのかもしれませんね。

以上です。