台湾は、中国を代表する茶の産地である福建省の沖合いに位置し、19世紀中頃から茶葉の生産が開始され、20世紀末頃からの日本統治下において機械が導入され、茶の生産量や品質が向上し、中国本土と並ぶ烏龍茶生産地となっています。

ただ、茶葉の生産量は、1973年をピークに減少傾向が続いています。
taiwan_tea_production_statistics

年度ごとの数値は、以下のとおりです。(単位:トン)
1961年  18,064
1962年  19,753
1963年  21,104
1964年  18,306
1965年  20,730
1966年  21,510
1967年  24,403
1968年  24,418
1969年  26,248
1970年  27,468
1971年  26,984 中華民国、国連脱退
1972年  26,229
1973年  28,639
1974年  24,173
1975年  26,092 蒋介石、死亡
1976年  24,758
1977年  26,303
1978年  25,854
1979年  27,055
1980年  24,479
1981年  25,223
1982年  24,051
1983年  24,308
1984年  24,365
1985年  23,203
1986年  23,890
1987年  25,578
1988年  23,557
1989年  22,130
1990年  22,299
1991年  21,380
1992年  20,164
1993年  20,515
1994年  24,485
1995年  20,892
1996年  23,131
1997年  23,505
1998年  22,641
1999年  21,119
2000年  20,349
2001年  19,837
2002年  20,345 WTO加盟
2003年  20,675
2004年  20,192
2005年  18,803
2006年  19,345
2007年  17,502
2008年  17,384
2009年  16,780
2010年  17,467
2011年  17,310
2012年  14,902

情報元:Food and Agriculture Organization of the United Nations