キャプローグ

無邪気(な)

タグ:インド

    このエントリーをはてなブックマークに追加
紅茶界の最高峰であるダージリンですが、意外にも初めての登場です。

紅茶大国インドが誇る紅茶の産地ダージリンから『ダージリン紅茶ブレンド』です。
45

世界三大紅茶のひとつなどと言われますが、ウバやキーマンと比べて、明らかに知名度が高く、日本人にとっては馴染みのあるのが、ダージリンですね。

ダージリンの位置は、ブータンとネパールに挟まれた西ベンガル州の北端で、街の中心の標高は2000メートルを超えていて、ヒマラヤからの冷たい風によって起きる寒暖の差が、この最高峰の紅茶茶葉を作り出していると言われています。

急な斜面に茶園があることが多く、女性の茶摘みだけでは摘みきれないため、男性の茶摘み労働者が多いのも、ダージリンの特徴だそうです。

"【茶】 ダージリン紅茶ブレンド (香詩苑) インド・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
TATA TEA AGNI』に引き続き、タタ・グループのお茶第2弾です。

おそらく、タタ・グループのCTC茶葉の最上位ブランド『TATA TEA PREMIUM』です。
03

この『TATA TEA PREMIUM』の茶葉を見て、まず感じたのは、粒の大きさが均一で、綺麗な茶葉だということ。

CTC茶葉の中粒クラスですが、茎などの混合物がなく、他のCTC茶葉と比べて、丁寧に作られたもののような気がします。さすが、商品名に”プレミアム”の文字が入っているだけあります。

さて、タタ・グループが”プレミアム”と名付けた紅茶を飲んでみましょう。

"【茶】 TATA TEA PREMIUM (TATA) インド・紅茶(CTC)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
粒状の茶葉CTCシリーズを続けます。

インド人からオススメされたハスムクライ(Hasmukhrai)社の『SOCIETY TEA』です。
10

この『SOCIETY TEA』は、粒の大きさは、中~大粒サイズですので、茶葉を見た感じでは、渋みが少ないタイプの茶葉だと想像できます。

CTC茶葉は、オレンジペコー(OP)や、スーチョン、ダストなどのインド式の茶葉の等級(クラス)とは一線を画す分類となっているため、パッケージに書かれた情報だけで判断するのが難しいですが、茶葉の粒の大きさを見ることで、ある程度の味が想像できるようになってきました。

当たってるのかどうかは、別の話ですが・・・。
  "【茶】 SOCIETY TEA (Hasmukhrai) インド・紅茶(CTC)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
コーヒー・紅茶・中国茶 に参加中!
WAGH BAKRIのインスタント・チャイの第2弾です。

なぜかレモンの風味がある植物レモングラスを使ったWAGH BAKRI社『Instant Tea Premix Lemon grass』です。
33

そうそう、前回、”WAGH BAKRI”って企業名は、なんて発音すれば良いのか分からないまま、インスタント・チャイマサラのレビューを書いていたんですが、インド人に発音してもらったところ「ワフ・バクリー」だそうです。

このワフ・バクリー(WAGH BAKRI)社は、創業1892年の老舗企業で、インドの製茶メーカーとしては国内第3位の規模の会社だそうで、日本には進出していませんが、イギリスやアメリカ、中東、アフリカ、オーストラリアなどにも販売網があり、世界展開を進めています。
  "【茶】 Instant Tea Premix Lemon grass (WAGH BAKRI) インド・チャイ"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
コーヒー・紅茶・中国茶 に参加中!
インドの茶と言えば、紅茶なんですが、今回は緑茶です!

ブルックボンド社のタージマハルブランドから『DARJEELING GREEN TEA』です。
51

インドは世界第2位の茶葉生産国で、そのほぼ全てが紅茶の生産なんですが、ちゃんと緑茶も作られているんですね。しかも、世界三大紅茶のひとつであるダージリンの茶葉で作られた緑茶です。

以前にニュースサイトでの話題として、インド人が緑茶を飲んだレビューがありましたが、フレーバー無しの緑茶はとても不評で、レモンやミント風味であれば何とか合格点といった感じでした。

そんな緑茶不毛の地、インドで作られた緑茶のティーバッグです。
  "【茶】 DARJEELING GREEN TEA (Brooke Bond) インド・緑茶"の続きを読む

    このページのトップヘ