キャプローグ

無邪気(な)

タグ:キャンディ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
スリランカを代表する都市のひとつ、キャンディを散策します。

とりあえず、見どころっぽいところは全て、周ってみました。
DSC_0827
まぁ、歩いているだけでも、楽しくなるような情緒ある街並みです。
  "【スリランカ】世界遺産であるキャンディの街並みを散策しよう。"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
さて、キャンディにある変なホテルのご紹介の続きです。
前記事:【スリランカ】キャンディで最も変なホテル!カプセル土管ホテルに宿泊する。

この土管ホテル、なにげに人気で、フランス人カップルも宿泊してました。
DSC_0724
見ての通りの外観で、とてもシンプルなカプセル土管ホテルですが、簡単に設備の方をご紹介させていただきたいと思います。

土管の裏(二階側の入り口)には、洗濯ものが大量に干してありました。 "【スリランカ】カプセル土管ホテル@キャンディを徹底解説します!"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンブッラの街から2時間、辿り着いたのはキャンディ。
参考:【スリランカ】ダンブッラからキャンディまで、クルマで2時間の移動

そして、本日の宿は、こちら!クロックイン!
DSC_0840
実は、ここに宿泊することを最初に決めて、それからスリランカの日程を組み始めました。

だから、かなり楽しみなホテル。 "【スリランカ】キャンディで最も変なホテル!カプセル土管ホテルに宿泊する。"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘリタンス カンダラマの送迎車両(3000ルピー)で、ダンブッラ市街まで送ってもらって、本当は長距離バスでキャンディを目指す予定だったけど、バス停に来る全てのバスが満員御礼なのに嫌気がさし、タクシーの溜まり場まで歩いて行って、「キャンディまで、いくらですか?」って聞いたら、「5500ルピー」って言うので、「オッケー、5000ルピー」って言って、車両を確保して、ホッと落ち着いたところで撮影した一枚。
DSC_0699
エアコン不搭載のオープンエア車両で、相場からすると少し高いっぽいけど、めっちゃ運転が荒そうなドライバーだったので、これに決めました。

ドライバーは、安全よりも、スピード優先。

"【スリランカ】ダンブッラからキャンディまで、クルマで2時間の移動"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
アジア に参加中!
スリランカは、”セイロンティー”の名で知られる紅茶を中心とした茶葉を生産する国で、茶の生産量では、中国とインドという世界のトップランナーに次ぐ第2グループに入る世界有数の茶葉の生産国です。

いわゆるセイロンの6大産地は「ウバ」「キャンディ」「ディンブラ」「ルフナ」「ヌワラエリヤ」「ウダプッセラワ」と言われ、年を追うごとに生産量を伸ばしています。

sri_lanka_tea_production_statistics
年度ごとの数値は、以下のとおりです。(単位:トン) "【茶の統計】 スリランカの茶生産量の推移 (1961-2012年)"の続きを読む

    このページのトップヘ