建材などの価格上昇により、タイ国内の住宅価格が上昇しているそうです。
タイのセナ・デベロップメント社によると、タイ国内の戸建、コンドミニアム、タウンハウスなど、あらゆる種類の住宅で、少なくとも3%から5%の価格上昇が予想されています。石油価格の高騰などにより、建材価格の上昇が、住宅の販売価格に反映されるためです。
"【経済】タイの不動産価格が3%~5%上昇、総選挙を前に投資家は様子見"の続きを読む