キャプローグ

無邪気(な)

タグ:プーケット

    このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ホテル協会(THA)は25日、アセアン経済共同体(2015年開始)について、観光セクターへの影響を和らげるため、ホテルの新規参入を規制するべきであるとの要望を、政府に伝えました。

同協会のウドム会長は、外資のホテル業界への参入について、5つ星のホテルに限定するなどの措置が必要であると述べました。既存のホテルのうち70%程度が中小のホテルで、外資系ホテルの参入により経営が困難になるケースが増えると説明しています。

現在、タイ国内のホテル客室総数は35万室程度(ゲストハウスやサービスアパートの20万室を除く)で、大半のホテルがバンコクやプーケット、チェンマイ、ホアヒン、パタヤなどの大都市に集中しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
http://thainews.prd.go.th/en/news.php?id=255403210001バンコクのアサンプション大学(ABAC)が21日に発表したところによると、タイ国民が最も幸福であると感じている県は、タイ中央部スパンブリー県でした。一方、日本人観光客も数多く訪れるビーチリゾートであるプーケット県が、最下位でした。

公共幸福度観察調査のための学術ネットワーク(ANCHOR)が行った調査は、今年2月から3月にかけて、タイ全土77県の住民らを対象に、どの県に住むのが最も幸福であるかを質問したものです。

幸福度は最高点10点で集計され、第1位のスパンブリー県が7.83ポイントだった他、2位がウッタラディット県(中央部、7.66ポイント)、3位がパ ンガー県(南部、7.56ポイント)、4位がスコータイ県(中央部、7.50ポイント)、5位がペッチャブン県(中央部、7.44ポイント)でした。 "【調査】タイで最も幸福な県はスパンブリー県、最下位はプーケット県 - ABAC"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ上院の観光委員会は10日、タイ南部のリゾート地プーケットで100年以上の歴史を誇る中国ポルトガル様式の建物群を、世界遺産の登録を働きかけるよう、文化省に求めました。また、プーケット島自体の世界遺産登録についても、同様に要望が出されています。

これを受け、二ピット文化大臣は、省内で調査を行い、世界遺産の選考基準に帝王しているか否かについて検討することを発表しています。 "中国ポルトガル様式の建物群を世界遺産に、タイ文化省が検討開始"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.google.com/insights/search/#観光立国であるタイには、日本でも名の知れた観光地がいくつも存在している。例えば、首都バンコクをはじめ、北部のチェンマイ、古都アユタヤ、南部のリゾート地プーケット、ちょっと邪悪なパタヤなど・・・。

これから年末年始にかけて、日本からも多くの観光客が訪れるのだが、都道府県ごとに、関心のあるタイ国内の観光地が異なるか否か、ちょっと調べてみた。

結果は、なかなか興味深いものになった。 "群馬県民はパタヤがお好き? タイ観光地の都道府県別人気度調査"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカの旅行雑誌コンド・ナスト・トラベラーが13日、読者選考によって選ばれた2010年の旅行関連業界の受賞企業などを発表しました。観光都市、島、クルーズ、航空会社、ホテル、リゾートなどの各部門賞が発表されています。

タイでは、チェンライにあるフォーシーズンズ・テントキャンプ@ゴールデントライアングルや、バンコクのマンダリン・オリエンタルなどが選ばれました。 "米雑誌の読者投票で、バンコクのマンダリン・オリエンタルなどが受賞"の続きを読む

    このページのトップヘ