キャプローグ

無邪気(な)

タグ:世界三大紅茶

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
スリランカを代表する紅茶の産地のひとつ、ウバからの茶葉です。

今回も楽天での購入ですが、スタッセン社の『ウバ紅茶BOP』をご紹介いたします。
02

さて、まずはウバについてですが、いわゆる世界三大紅茶のひとつとされるスリランカのセイロンティーを代表する産地で、スリランカの南部に位置しています。

セイロンティーは、産地の標高による分類があり、標高が高い産地(ハイグロウン)ではウバヌワラエリヤ、中程度の標高である産地(ミドルグロウン)ではディンブラ、標高が低い産地(ローグロウン)ではキャンディルフナなどが、代表的な産地となります。

ちなみにウバは、かのトーマス・リプトンが開拓した紅茶の産地なんだそうです。

"【茶】 ウバ紅茶BOP (スタッセン社) スリランカ・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
紅茶界の最高峰であるダージリンですが、意外にも初めての登場です。

紅茶大国インドが誇る紅茶の産地ダージリンから『ダージリン紅茶ブレンド』です。
45

世界三大紅茶のひとつなどと言われますが、ウバやキーマンと比べて、明らかに知名度が高く、日本人にとっては馴染みのあるのが、ダージリンですね。

ダージリンの位置は、ブータンとネパールに挟まれた西ベンガル州の北端で、街の中心の標高は2000メートルを超えていて、ヒマラヤからの冷たい風によって起きる寒暖の差が、この最高峰の紅茶茶葉を作り出していると言われています。

急な斜面に茶園があることが多く、女性の茶摘みだけでは摘みきれないため、男性の茶摘み労働者が多いのも、ダージリンの特徴だそうです。

"【茶】 ダージリン紅茶ブレンド (香詩苑) インド・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
日本の国産紅茶が続きましたので、ちょっと中国の紅茶でも。

中国が誇る紅茶、 安徽省祁門(キーマン)県から『祁門(キーマン)紅茶 1級』です。
27


この祁門(キーマン)紅茶は、世界三大紅茶(お茶用語辞典)と称される世界に名の知れた紅茶で、かのイギリス王室御用達であり、女王の誕生日に飲まれる紅茶としても有名です。

すべてのお茶の起源は中国にあり、ウーロン茶やプーアール茶などの中国茶だけでなく、紅茶の世界においても、インドやスリランカに負けず、十分な存在感を示しています。
"【茶】 祁門(キーマン)紅茶 1級 (香詩苑) 中国・紅茶"の続きを読む

    このページのトップヘ