ニュージーランドのタイ大使館は23日、現地で発生した地震により、タイ人6名が行方不明であることを伝えました。ノパドン・テピタック大使が話したものです。

行方不明になっているのは、看護学部の卒業生6名で、家族らが連絡を試みていますが、今のところ、連絡は途絶えたままだということです。

行方不明者のひとりであるタニダさん(36)の父親ペンシオナーさんは、報道陣に対して、「娘や、娘の友人に連絡をとったが、今のところ、連絡が取れていない。とても心配だ。生きているかどうかは、半々だ。」と、現在の心境を語っています。 "【NZ地震】看護奨学生のタイ人6名が、クリストチャーチで行方不明"の続きを読む