キャプローグ

無邪気(な)

タグ:紅茶

    このエントリーをはてなブックマークに追加
紅茶界の最高峰であるダージリンですが、意外にも初めての登場です。

紅茶大国インドが誇る紅茶の産地ダージリンから『ダージリン紅茶ブレンド』です。
45

世界三大紅茶のひとつなどと言われますが、ウバやキーマンと比べて、明らかに知名度が高く、日本人にとっては馴染みのあるのが、ダージリンですね。

ダージリンの位置は、ブータンとネパールに挟まれた西ベンガル州の北端で、街の中心の標高は2000メートルを超えていて、ヒマラヤからの冷たい風によって起きる寒暖の差が、この最高峰の紅茶茶葉を作り出していると言われています。

急な斜面に茶園があることが多く、女性の茶摘みだけでは摘みきれないため、男性の茶摘み労働者が多いのも、ダージリンの特徴だそうです。

"【茶】 ダージリン紅茶ブレンド (香詩苑) インド・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
粒状の茶葉CTCシリーズを続けます。

インド人からオススメされたハスムクライ(Hasmukhrai)社の『SOCIETY TEA』です。
10

この『SOCIETY TEA』は、粒の大きさは、中~大粒サイズですので、茶葉を見た感じでは、渋みが少ないタイプの茶葉だと想像できます。

CTC茶葉は、オレンジペコー(OP)や、スーチョン、ダストなどのインド式の茶葉の等級(クラス)とは一線を画す分類となっているため、パッケージに書かれた情報だけで判断するのが難しいですが、茶葉の粒の大きさを見ることで、ある程度の味が想像できるようになってきました。

当たってるのかどうかは、別の話ですが・・・。
  "【茶】 SOCIETY TEA (Hasmukhrai) インド・紅茶(CTC)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
CTC茶葉シリーズは、『TAJ MAHAL』に続いて、第2弾です。

『TAJ MAHAL』と同じくブルックリン社から『RED LABEL(レッドラベル)』をご紹介します。
32

この『RED LABEL』は、まず茶葉の大きさが、CTC茶葉のなかでは、かなり大きいサイズです。

前にも書いたとおり、CTC茶葉は短時間で抽出できるのが特徴ですが、粒が大きいほど、やや抽出に時間がかかります。粒の大きさとしては、ほんの僅かな差なんですが、実際に淹れていると、かなり大きな違いがあることが分かります。

CTC茶葉の粒の大きさの違いは、原料に使用される茶葉の大きさによるモノだそうです。

"【茶】 RED LABEL (Brooke Bond) インド・紅茶(CTC)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
世界三大紅茶とは、日本の紅茶販売店や専門書籍などで挙げられているダージリン(Darjeeling/インド)、ウバ(Uva/スリランカ)、キーマン(祁門/中国)のことを指す用語。世界三大銘茶とも言う。
  • ダージリン(Darjeeling/インド)
  • ウバ(Uva/スリランカ)
  • キーマン(祁門/中国)
日本の紅茶研究家として名高い磯淵猛氏は、著書『紅茶の教科書』のなかで、「インドのダージリン、スリランカのウバ、そして中国のキーマン。この3つが世界三大銘茶と呼ばれる紅茶の最高峰」などと記述している。

ただし、英語の情報源では、ダージリンを世界最高の紅茶と記述する文書は数多くあるものの、ウバとキーマンを加えた3つを「三大紅茶」とする記述は極めて少ない。
  "【茶語】 世界三大紅茶 (せかい・さんだい・こうちゃ)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
なんか最近、チャイばっかり飲んでるんですけど・・・

インドを代表する紅茶メーカーのブルックボンドから『TAJ MAHAL(タージマハル)』です。
10

ブルックボンドのタージマハルブランドでは、以前に「ダージリン緑茶ティーバッグ」を紹介しましたが、今回のは、いわゆるCTC(Crush, Tear and Curl)製法で作られた紅茶の茶葉です。

CTC茶葉は、小さな粒状なので短い抽出時間でお茶が淹れられるのが特徴で、ブレンドティーやティーバッグの原料として利用されることが多い茶葉です。あと、インドのチャイにも、CTCが使われることが多いです。

CTCにも、大中小というサイズがありますが、この『TAJ MAHAL』は、小~中粒ですね。
  "【茶】 TAJ MAHAL (Brooke Bond) インド・紅茶(CTC)"の続きを読む

    このページのトップヘ