キャプローグ

無邪気(な)

タグ:茶葉生産量

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
アジア に参加中!
インドは、中国に次ぐ世界第2位の茶生産国で、東インド会社による茶木の持ち込みを契機として、主にイギリス向けの紅茶生産を行っている。

インドの茶の3大産地は、アッサム、ダージリン、ニルギリです。

中国の茶生産量データと比較してみると、インドは2005年まで世界第一位の茶生産国でしたが、その後、急激に中国の生産量が伸びたため、現在は大差となっていることが分かります。
india_tea_production_statistics
 年度ごとの数値は、以下のとおりです。(単位:トン) "【茶の統計】 インドの茶生産量の推移 (1961-2012年)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
アジア に参加中!
スリランカは、”セイロンティー”の名で知られる紅茶を中心とした茶葉を生産する国で、茶の生産量では、中国とインドという世界のトップランナーに次ぐ第2グループに入る世界有数の茶葉の生産国です。

いわゆるセイロンの6大産地は「ウバ」「キャンディ」「ディンブラ」「ルフナ」「ヌワラエリヤ」「ウダプッセラワ」と言われ、年を追うごとに生産量を伸ばしています。

sri_lanka_tea_production_statistics
年度ごとの数値は、以下のとおりです。(単位:トン) "【茶の統計】 スリランカの茶生産量の推移 (1961-2012年)"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾は、中国を代表する茶の産地である福建省の沖合いに位置し、19世紀中頃から茶葉の生産が開始され、20世紀末頃からの日本統治下において機械が導入され、茶の生産量や品質が向上し、中国本土と並ぶ烏龍茶生産地となっています。

ただ、茶葉の生産量は、1973年をピークに減少傾向が続いています。
taiwan_tea_production_statistics

年度ごとの数値は、以下のとおりです。(単位:トン)
"【茶の統計】 台湾の茶生産量の推移 (1961-2012年)"の続きを読む

    このページのトップヘ