キャプローグ

無邪気(な)

タグ:静岡

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
キャプローグは既におなじみの水車村農園から、ちょっと変わり種の紅茶を。

静岡県の水車村農園が生産した紅茶のほうじ茶『べにほうじ』です。 
48

ほうじ茶って、お茶の世界では亜種ではありますが、個人的には大好きです。香ばしさ最高です。

この紅茶のほうじ茶『べにほうじ』の茶葉は、こんがりとした茶色をしていて、香ばしい香りが漂っていて、全く紅茶といった雰囲気はありませんが、期待感は高まります。

注目は、ほうじ茶にした段階でも、紅茶感が残っているのか?の一点です!

"【茶】 べにほうじ (水車村農園) 静岡県・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
以前に紹介した水車村農園「べにひかり」の二番茶です。

無農薬にこだわる有機栽培の水車村農園から『べにひかり葉子』を紹介します。
54

ダージリンなどのインドの紅茶では、1番茶(春摘み)をファーストフラッシュ、2番茶をセカンドフラッシュと呼び、摘み取る時期による茶葉の違いを楽しむ習慣があります。

一方、年がら年中、ずっと茶摘みをしているスリランカ(セイロン)では、基本的には、こうしたファーストフラッシュやセカンドフラッシュなどという季節ごとの呼び名はありません。裏を返せば、セイロンティーというのは、年間を通じて、安定した味わいの紅茶です。

日本の場合、四季が明確ですので、やはり季節ごとの茶葉の違いを楽しみたいものです。
  "【茶】 べにひかり葉子 (水車村農園) 静岡県・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
お茶全般 に参加中!
ニッポンのお茶処、静岡県から国産紅茶(和紅茶)のレビューです。

静岡県の水車村農園にて、希少品種で作られた紅茶『べにひかり(一番茶)』です。
08

生産者である水車村農園の解説によると、この”べにひかり”という紅茶用品種は、日本農林省の茶業試験場枕崎分場で育成され、1969年に紅茶品種として農林省に登録されたものだそうです。

ただし、海外モノの輸入紅茶に押され、国産紅茶の生産が進まなかったことから、国立茶業試験場(牧之原)に保存されたままになっており、1986年に水車村農園にて栽培されるまで、ほとんど生産されていない品種だったとか。

国産紅茶の歴史を伝える”幻の品種”ですね。

"【茶】 べにひかり (水車村農園) 静岡・紅茶"の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
日本三大銘茶とは、日本を代表する3つの産地の茶を表すもので、宇治(京都)、静岡、狭山(埼玉)と記載されることが多い。狭山を除いて、知覧(鹿児島)を加えるものもある。
  • 宇治(京都)
  • 静岡
  • 狭山(埼玉) or 知覧(鹿児島)
ただし、”日本三大銘茶”という表現は、狭山茶の生産者や販売店などの記載のみで、宇治や静岡の茶業関係者による文章などで”日本三大銘茶”との表現は、見当たらない。

また、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」 というフレーズが日本三大銘茶の根拠とされるが、この歌詞の出典となるのは、埼玉県入間地方で歌われる「狭山茶作り唄」である。

なお、日本五大銘茶もあり、こちらにも狭山茶は含まれている。 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
農業 に参加中!
先日、中日新聞の記事で、三重県松坂市の柚原町で、少額出資(一口1万円)の茶畑オーナー募集の記事をみて、これは面白い試みだと思っていたら、日本全国各地で同じような制度があるとの話を聞いたので、ネットで確認できる範囲で、情報を集めてみました。
Japanese_tea_farm_owner_system

まず、この中日新聞に書かれている柚原町の制度では、一口1万円で茶畑15平方メートルのオーナーになることができ、収穫された新茶800グラムと粉茶200グラムが貰えます。年中行事としては、7月と9月、10月に剪定とか肥料撒きなどの作業を体験できます。もし行事に参加できない場合は、作業費として1回2000円を支払う必要があるとのこと。

では、その他の全国各地の”茶畑オーナー制度”を見てみましょう。 "【茶ネタ】 あなたも”茶畑オーナー”になれる!日本各地の「茶畑オーナー制度」まとめ"の続きを読む

    このページのトップヘ